タクティス社長ブログ(TAKUTICE)

株式会社タクティス経営、草加で働く社長のブログ。何気ない日常生活〜趣味の音楽、本業のIT系の話題などを面白可笑しく、それでいて専門的に綴っていこうと思います♪ 視点は極めて庶民的、社長っぽくないのがポイントです(笑)

    タグ:pavilion2000

    ITサポート日記:昔のデスクトップPCのブラウン管モニタが壊れた(から発展)の続編。

    今度はPC本体を預かり、修理&アップグレードしてました!
    機種はデスクトップのHP pavilion 2000。
    (同じ型番のノートもあるので間際らしい)

    一番開けやすそうな裏からアクセスしたら...
    0909HP1


    見覚えのある基盤が!
    0909HP2

    【ITサポート日記:HP pavilion 2000の修理とアップグレード】の続きを読む

    先日のこと。
    元ジム仲間の方より、突発ITサポート(パソコンサポート)が入りました。

    昔から使っていたデスクトップPCのモニタが壊れたので、
    修理して欲しいとのこと。

    「えぇぇPCではなくモニタ?」

    詳しく聞いてみると、どうやらそのモニタは
    15インチのブラウン管タイプ。
    今では珍しいデカくて邪魔なやつです。

    電気機器修理の場合は他社にお願いする事になるので、かえってコスト高。
    またユーザにとっても古いブラウン管を、
    修理してまで未来永劫使ってゆく事は絶対にお勧めできません。

    それならば、同じ15インチの液晶モニタを買った方が、
    よほど大きなメリット(省スペース/省電力/コスト安)がありますよ!

    と伝え、納得してもらいました。

    とは言えPCは昔の機種。

    今の液晶に多いDVIやHDMIではなく、D-sub15ピンである確率が高いだろう。
    もしくはメーカーPC独自の専用コネクタで接続されているのでは?
    との疑念もあったので、しっかりと型番を確認してもらいました。
    (メーカーによって型番シールの場所が違うので、電話越しでも大変な作業です)

    結果、機種は発売当時一世を風靡した「HP pavilion 2000」と判明。 【ITサポート日記:昔のデスクトップPCのブラウン管モニタが壊れた(から発展)】の続きを読む

    このページのトップヘ