タクティス社長ブログ(TAKUTICE)

株式会社タクティス経営、草加で働く社長のブログ。何気ない日常生活〜趣味の音楽、本業のIT系の話題などを面白可笑しく、それでいて専門的に綴っていこうと思います♪ 視点は極めて庶民的、社長っぽくないのがポイントです(笑)

    カテゴリ: [物語風]驚きの実話日記!!

    ジム帰りに携帯を紛失してしまった前編の続きです。

    こんな夜道を探しまわった所で、見つかる訳がない。

    もうダメだ。綺麗サッパリ諦めよう!!

    明日新しい機種を買いにいこう!!

    しかし…開き直ったとは言え、ショックは大きい。

    「買うって言っても手続きとか面倒だよな…。」
    「今ってどんな機種があるんだろ? 法外なんだろうなぁ。」

    「それ以前に何故に落としてしまったのだろう。」
    「上着のポケットになんか入れるんじゃなかった…。」

    様々な後悔の波が押し寄せる中、(←by B'z それでも君には戻れない)
    無理矢理寄ったスーパーを後にし、とぼとぼ帰路に着く。

    「…これで最後だ!!」

    ダメ元で、再び落としたドコモに電話をかけようと、auの携帯を取り出す。


    「…ん、何だこれは?」 【docomoのメイン携帯紛失!![後編]⇒奇跡の救出劇】の続きを読む

    2010年度2回目のジムの続編です。

    > 帰宅直後、異変に気付きます。
    >
    > ポケットに入れていたはずのアレがない…。しまったぁ!!!!

    ジムから戻った直後に、ドコモのメイン携帯がない事に気付く。

    バイブレーターになっているので、どうせカバンか服のポケットだろう。
    と嫁の携帯やもう一台のauからかけるも、
    それらしき振動音は全く聞こえない…。
    何度やっても留守電になってしまう。

    思い当たる場所をくまなく探すも、見つかる気配はない。

    確かに出る直前には携帯を見た。時間を確認する為に手に持ったのだ。
    しかし、帰宅したら見つからない。

    これはマズイな、チャリで戻る途中、どこかで落としてしまったのだろうか…。

    いや待て! まだ近くのはずだ。マンション内の通路やエレベータ。
    …チャリのカゴにでも入っているだろう♪ 【ジム後の悲劇…docomoのメイン携帯紛失!![前編]】の続きを読む

    このブログ読者の中では知らない方の方が多いだろう。

    昨日、2005年時代の奇跡のデジカメ物語を彷彿させる良い事があったので、
    その前提知識?として当時の物語を記しておく。

    ■奇跡のデジカメ物語■

    ---2005/6/25---
    ●前編:大切なデジカメを広島で落とす
    今から5年前のB'z LIVE-GYM 2005『CIRCLE OF ROCK』時代。

    29才の私は、人生の最大の転機となる全国制覇の旅へ出ていた。
    (ここではあえて旅の目的等詳細は書かない事する)

    その旅路の途中、大切な写真がつまった思い出のデジカメを、
    広島のライブ会場(広島グリーンアリーナ)で落としてしまった。

    PCの方にSDカードのバックアップを取っていたとは言え、
    4月の北海道から3ヶ月旅を共にし、撮影枚数は優に5000枚に達していた大切なデジカメだ。

    当時の旅の現状をリアルに伝えられるのはデジカメしかなく、
    デジカメなしでは生きていけない、一心同体の宝物だった。

    そんな状況下でのまさかの紛失劇…。

    警察に紛失届けを出したり、ブログやmixiを使ったオンラインによる呼びかけ
    でも全く音沙汰はなかった。

    落胆は並大抵のものでなく、しばらく立ち直る事ができなかった。

    しかし旅路は続く。今更中断する事はできない…。

    友人Bro(*)に代替機を借りて急場をしのぎながら、
    「もうダメだ…。」
    「あの事は忘れ、次の鹿児島アリーナに飛び立つ前に新しいデジカメを買おう!」
    と諦めきっていた。
    *Bro=B'z Brother=B'zファン友達の愛称

    ---2005/7/7---
    ●後編:奇跡のデジカメ(MiracleBrother)
    月日は流れ、その二週間後。

    私は千葉県の幕張メッセイベントホールに居た。
    雨宿りを兼ね、休憩スペースに腰を下ろし、友人Broとの会話を楽しんでいた。

    (ここからは別ブログからコピペ+万人向けの編集バージョンでどうぞ)


    ----------
    ふと目を前にやると、
    スーツを着た男性がこちらに向かって歩いて来る。
    【奇跡のデジカメ物語(MiracleBrother)】の続きを読む

    前日記の出来事がきっかけで、改めて先祖の大切さ(ご加護)を実感。

    即座に実家に戻り、亡くなった祖父/祖母の元へ足を運び、
    いつも以上に深くお祈りした。

    今まで私を見守って頂き、有難うございます。



    そして心に決めた。 【実家で墓参り…利他の心】の続きを読む

    本屋でお客さんのおばあちゃんにITサポート&レクチャー(前編)の続きです。

    まだの方は↑を読んでからにして下さいね♪

    おばあちゃんでは長いので老婆に変更します。


    > 逃げようと思っていた所へ、思わぬ言葉が投げかけられる...

    老婆「それではここでお礼しますね (^^)」

    「実は私、占い師なんです。」

    「貴方が丁寧に説明なさっている時、ずっと手相や人相を観ていたんです」

    「とても優しくて良い人相をしていらっしゃる。どれどれ、左手を見せてご覧なさい!」


    拓(内心)
    「…ぇぇぇぇ本当か?」

    ぶっちゃけ占いは信じないタイプである。
    特にTV出てくる占い系の有名人。肥えている程に金儲け臭がプンプン。胡散臭くて腹が立つ。

    しかし目の前の老婆はちょっと違う気がする。。

    好意で30分もかけてパソコンについて色々説明してあげた事に対して、
    心からのお礼であることは間違いない。

    いっそ心を委ねてみせようか。


    さっきまで解説していた私は受け手に回り、
    今度は老婆の占いが始まった。
    【本屋で老婆にITサポート&レクチャー⇒その後…(後編)】の続きを読む

    本屋で困っていたお客さんのおばあちゃんに、
    ITサポート&レクチャーしてました☆

    詳細は落ち着いたら更新します。

    その後にも思わぬ方向になったのでお楽しみに♪

    P.S.
    mixi日記で言うキープみたいな



    やっとこさ時間が出来たので更新します。
    【本屋でお客さんのおばあちゃんにITサポート&レクチャー(前編)】の続きを読む

    このページのトップヘ