合歓の郷の海辺で大きな宝貝を見つけました。

大きな地図で見る

安田さん一家に触発され、最後の15分だけ海辺に行って探してみようと、
嫁と海岸奥へ進み必死になって探すも全く見つからず。
0608takarakai

「やっぱり駄目か。そう簡単に見つかる訳がない…」

と帰りがけにふと下を見たら、偶然砂浜に貝の一部が顔を覗かせているのに気づきます。
「うぉぉぉ!! こっ…これはもしや宝貝?」

傍らに居た嫁は「どうせ拓ちゃんの冗談」とか「裏返したら割れてるだろう」
とタカをくくっていたらしいのですが、その予想は裏切られ...

見事な宝貝が姿を見せました!!
0608takarakai2


私の大きな手でも持て余す大きさ。
0608takarakai3


10円玉と比べてみる。一番長い部分は90〜95mmくらい。
0608takarakai4


個人的には宇宙のような神秘的な模様の中身が美しいと思う。
(って細い線は亀裂か…)
0608takarakai5


宝貝(タカラガイ)とは、タカラガイ科の巻き貝の総称であるが、
古代には貨幣として使われていた稀少な貝で、富の象徴ともされたそう。
今では幸せを呼びこんだり、安産祈願安産のお守りとしても有名だとか。

私の場合は単にデカイだけで関連サイトに掲載されているような
コーティング(艶)がないので「本当に宝貝でいいのか?」という気持ちもありますが...

これだけの大きさの貝が1つだけ海辺に乗り上げ、割れる事もなく綺麗な形で残り、
合歓の郷の広大な砂浜で偶然にも私が下を向いた時に見つける。

と言うのは、紛れもない奇跡だと感じます。

皆様にも幸せが訪れますように!

このブログを読んだ方に奇跡が起きますように!

P.S.
種類や稀少性?をご存じの方、情報お待ちしております。
⇒軽く調べた感じではホシダカラガイ(Tiger Cowrie)でごく一般的なやつかなと。
洗い方や保管方法も知りたいです。
(実は持ち帰ったらヤバイ種だったとかは勘弁…)