気付いたらノートパソコンを買っていました。

機種はSONY VAIO Sシリーズ(VPCS119FJ/B)です。
1013vaio1
用途は事務所共用、液晶テレビ常時投影、DVD観賞、
モバイル、社員顧客先持ち出し、一般作業、システム開発
など様々です。

何故このマシンになったか?と言ったらこだわり(用件)がありまして...

●用件
価格:10万以下
スペック:CPU物理コア数2コア以上
液晶:13.3インチ以下
解像度:WXGA(1366x768)以上
重さ:2kg以下でなるべく薄い
ドライブ:スーパーマルチ内臓
出力:HDMI付き
バッテリ:4時間以上
ソフト:Office2007付き
OS:Windows7

これら全てを満たす機種はないか?と常時リサーチしてたら、
あらまぁビックリのVAIOくらいしかなかったんですよ。

こいつはどうだ?と思っても
・バッテリ駆動時間が短くてドライブ外付け(Thinkpad系)
・とにかく価格が高い(Let's NoteのWindows7マシン全般)
・液晶が15.6インチと持ち運ぶにはデカイ
etc... どの機種にも致命的な弱点があるのです。

このVAIO君が先ほどの用件を完璧に満たすとは言っても、弱点はあります。

●液晶がグレア
まずは液晶パネル。ノングレアではなく光沢のかかったテカテカのグレアパネルです。
野外では反射して見難いでしょう。
1013vaio2

しかし最近は野外でのPC操作は減ってますし、
iPhone4もあるので用途を室内に限定すれば全く問題なしです。

●全部入り:激重アプリ満載
またVAIOはLet's Noteのようなビジネス向けではなく、
個人用全部入りエンターテイメントに特化してます。
デフォルト環境ではWindows7のクセにOS起動直後でも少し重いです。

どう考えてもいらんユーティリティやソフトが無数に散りばめられているので、
アンインストール大作戦を行っていました。

その辺は知識/経験/カンです!!

今まで多数のメーカの少なくとも1000台以上のマシンの詳細な部分(*)を診て来ましたから、
大抵のマシンは軽くさらりと触れれば何が悪いのかは分かります。
*概観,OS,内部構成(アーキテクチャー),ソフトウェア,ドライバ等全ての要素

msconfigのスタートアップやサービスはもちろん、時にレジストリレベルまで見て
動作を重くする要素となる部分を少しずつ取り払い、
痛快なビジネスライクなマシンに仕上げる訳です。

マシンやOSの開発に関わったりテスターだった時代もあるので、
圧倒的な経験を元にした特技の一つです☆

これは私にとってはストレスになりうるかも。
流行りのアイソレーションキーボードは慣れれば平気なんでしょうかね?
1013vaio3

仕事柄様々なマシンに触れておく必要はあるので、まぁ良しとしましょう。

個人的な好みのThinkpadの7列フルサイズキーボードや、
Let's NoteのTHE Circleタッチパッドが全てではありませんから。



うぎゃぁ!!

中古ノートPCのクセにCore i3/メモリ4GB/HDD500GB!!
自分の業務用デスクトップよりハイスペックと分かりました。

確かにサクサク動きます。

こっちをメインにしちゃおうかなぁ。

P.S.
チリ鉱山BANZAI! 昼間の一人目救出劇はリアルタイムに見ていました。
無事に全員が救出されますように。。

夕方すぎの秋葉原は突然の夕立で大変でした。
購入したじゃんぱら内で商品見ながら雨宿りしてから事務所に戻りました。